膵癌 ガイドライン。 『膵癌診療ガイドライン』のポイントをわかりやすく読み解く 最難関のがん。化学療法の進歩で大きく変わった

膵癌

1 つめは,157 の切除例と76 の非切除例のいずれにおいても,細胞診陽性例と陰性例で生存期間中央値の差は認めなかった(切除例:13. Utility of contrast-enhanced endoscopic ultrasonography for diagnosis of small pancreatic carcinomas. 31) Bao Y, Spiegelman D, Li R, et al. Lower frequency of peritoneal carcinomatosis in patients with pancreatic cancer diagnosed by EUS-guided FNA vs. Pancreatitis and pancreatic cancer in two large pooled case-control studies. B 4.神経ブロックを実施することを提案する。

4

『膵癌診療ガイドライン』のポイントをわかりやすく読み解く 最難関のがん。化学療法の進歩で大きく変わった

Isolated pancreatectomy for pancreatic head carcinoma using catheter bypass of the portal vein. C Borderline resectable膵癌とは何か? 1.日本膵臓学会膵癌取扱い規約委員会により『膵癌取扱い規約』(第7 版)が発刊され,resectability は局所の浸潤の程度と遠隔転移の有無などによりresectable(切除可能),borderline resectable(切除可能境界),unresectable(切除不能)に分類することが提唱された。 膵管癌は血流に乏しいため、造影早期(動脈相)には膵実質よりも造影不良域として描出されるが、造影後期(平衡相)では膵実質と同程度の造影効果を示すため、評価が困難になる。 Extended pancreaticoduodenectomy with vascular resection for pancreatic cancer:a systematic review. 膵がん診療ガイドラインの見かた: ここに掲載する膵がん診療ガイドラインは,日本膵臓学会〔膵癌診療ガイドライン改訂委員会〕で作成された『膵癌診療ガイドライン』(2013 年版)の内容に則って構成されています。

6

クリニカルクエスチョン・推奨一覧

ガイドラインは、エビデンス(科学的根拠)を基に、効果が証明された、その時点でベストの検査と治療が紹介されている。 メタアナリシスの結果や試験デザインの問題は残るものの,FF療法よりも延命効果に優れた化学療法(OFF療法ないしFF+MM-398併用療法)があり,BSCとの比較は十分ではないが,ゲムシタビン塩酸塩後の二次化学療法の延命効果はほぼ確実と考えられる。

『膵癌診療ガイドライン』のポイントをわかりやすく読み解く 最難関のがん。化学療法の進歩で大きく変わった

Diagnosis and staging of pancreatic cancer by endoscopic ultrasound. LapDP について,2011 年に発表された腹腔鏡下膵切除のシステマティック・レビューでAmmori らは46 論文から987 例を収集した。 Cancer Radiother 2009;13:123-143. Percutaneous CT-guided fine needle aspiration cytology in the differential diagnosis of pancreatic lesions. Diagnostic accuracy of endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration for suspected pancreatic malignancy in relation to the size of lesions. Efficacy of venous reconstruction in patients with adenocarcinoma of the pancreatic head. 9) Zamboni GA, Kruskal JB, Vollmer CM, et al. 17) Kato K, Yamada S, Sugimoto H, et al. Usefulness of contrast-enhanced ultrasonography in determining treatment efficacy and outcome after pancreatic cancer chemotherapy. Survival, mortality and quality of life after pylorus-preserving or classical Whipple operation. Ann Surg Oncol 2006;13:1569-1578. Implications of peritoneal cytology for staging of early pancreatic cancer. Prognostic value of cytologic examination of peritoneal washings in pancreatic cancer. Tumour marker CA 50 levels compared to signs and symptoms in the diagnosis of pancreatic cancer. また民間において独自に活性化自己リンパ球移入療法を行っている施設もあるが、治療効果におけるエビデンスが乏しいため一般には推奨されていない。 J Cancer Res Clin Oncol 2010;136:1627-1631. 『膵臓がん患者と家族の集い』が「がんナビ」で紹介されています。

膵性糖尿病|一般の皆様へ|日本内分泌学会

10) Rose DM, Delbeke D, Beauchamp RD, et al. Usefulness of contrast-enhanced ultrasonography in determining treatment efficacy and outcome after pancreatic cancer chemotherapy. Preoperative multidetector row computed tomography for evaluation and assessment of resection criteria in patients with pancreatic masses. Preoperative tissue diagnosis for tumours of the pancreas. 「すでに他のがんの診療ガイドラインが何種類も出ていましたから、それらのよいところを参考にしながら編集を進めました。

5

クリニカルクエスチョン・推奨一覧

Tumor marker m2-pyruvate-kinase in differential diagnosis of chronic pancreatitis and pancreatic cancer. Comparison of endoscopic ultrasonography and multidetector computed tomography for detecting and staging pancreatic cancer. 29) 上原宏之,中泉明彦,竜田正晴,他.経口膵管内視鏡と膵管内視鏡下細胞診による膵上皮内癌の診断.成人病 1998;38:37-40. J Comput Assist Tomogr 2010;34:732-738. PTE は最初の入院は短いが,総入院日数はPTE と外科的減黄術とで違いはなく,ステントの閉塞,消化管閉塞を考えると両者間に差はないとしている。 29) Iodice S, Maisonneuve P, Botteri E, et al. - 非喫煙者と比べリスクが2倍から3倍• 一方,全胃もしくは亜全胃を温存することで生存率,術後合併症に変化はなく,膵頭部癌に対しての膵頭十二指腸切除において,全胃もしくは亜全胃を温存することを提案する。 A clinical evaluation of various tumor markers for the diagnosis of pancreatic cancer. C 化学療法(Chemotherapy)〔LAC〕 局所進行切除不能膵癌に対して推奨される一次化学療法は何か? 1.局所進行切除不能膵癌に対する一次化学療法として,ゲムシタビン塩酸塩単独療法,S-1単独療法,FOLFIRINOX 療法,またはゲムシタビン塩酸塩+ナブパクリタキセル併用療法を行うことを提案する。

3

がん診療ガイドライン│膵がん

Five years of prospective screening of high-risk individuals from families with familial pancreatic cancer. 膵癌家族歴(B) 遺伝性膵癌症候群(B)遺伝性膵炎(C) 糖尿病(B) 肥満(B) 慢性膵炎(B) 喫煙(B) アルコール(C) 職業(B) 3.膵管内乳頭粘液性腫瘍と膵嚢胞は,膵癌の前癌病変として慎重な経過観察を行うことを提案する。 C 局所進行切除不能膵癌に対して術中放射線療法の効果はあるか? 局所進行切除不能膵癌に対して術中放射線療法の有用性を支持する報告があり,行うことを考慮してもよい。 造影剤が少なくて良い。

膵癌診療ガイドライン 2019年版がPDFで

GEM単独療法:5-FU単独療法との比較で優越性を示した。

6