コロナウイルス禍 意味。 「コロナ禍」の読み方は?意味は?

コロナウイルスの「コロナ」って何?|わかさ生活

2月後半から一気に広がったのは、スポーツ誌と夕刊紙の影響です。

3

「コロナ禍」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

コロナ禍の文章・例文 例文1. 「戦禍」は戦争による被害、損害そのものを指し、 「戦渦」は戦争による混乱に巻き込まれる様をいいます。 禍(わざわい)を転じて福となす• 出典: コロナ禍の使い方 コロナ禍の使い方には以下のようなものが挙げられます。 そのような中で生まれた言葉が「コロナ禍 ころなか 」です。

3

コロナ禍とは|読み方や意味、使い方・「災」との違い・コロナ禍の影響を受けた業界、働き方の変化を解説

新聞の見出しなどで頻繁に目にするようになった『コロナ禍』ですが、その読み方や意味を知っていますか?「実は読み方が分からなかった」という人は、ぜひこの機会に正しい読み方を知っておきましょう。

18

いまさら聞けない!?「コロナ禍」「コロナ渦」どっち??

ですが、今後起き得る危機は、なにも新型コロナだけではありません。

2

「コロナ禍」の読み方は?意味は?

今や聞かない日、見ない日が無いほど使われている言葉ですよね! 2019年12月に初めて新型コロナウイルスの報道がされてから、もうすぐ1年が経過しようとしています。 風の流れを遮って仕切りを作ると、閉鎖された側にいる人は、エアロゾルが抜けにくく、長時間さらされ続けることになる。 複数のウェブ媒体で書評欄を担当。

コロナ禍の意味と読み方、似ている漢字の使い方

ちなみに輪禍とは交通事故のことで、舌禍についてはいまなら「失言」と言い表すほうが身近かもしれない。 さて、それはともかく、どうしても気になってしまうのが「終息」と「収束」の使い分けだ。 2.1のような形や模様。