御伽 草子。 よく分かる七夕伝説|織姫と彦星の物語・催涙雨について

御伽草子 |日本大百科全書・世界大百科事典|ジャパンナレッジ

お爺さんは、あわてず、にこにこして、 「この瘤が、雨に打たれてヒンヤリするのも悪くないわい。 とんとん拍子に豊かになって親孝行していると、大黒天が来て、隠れ蓑や打ち出の小槌などのお宝をくれる。 」 前後左右どちらを見ても、ただ杳々茫々、脚下を覗いてもやはり際限なく薄みどり色のほの明るさが続いてゐるばかりで、上を仰いでも、これまた蒼穹に非ざる洸洋たる大洞、ふたりの話声の他には、物音一つ無く、春風に似て春風よりも少しねばつこいやうな風が浦島の耳朶をくすぐつてゐるだけである。

御伽草子

冗談はさて置いて、いつたいあの、ゴミのやうなものは何だ。

5

御伽草子

ある日娘は、その家の四男である若君から求婚されます。 自分も酔ひたいが、隣人もまた、共に楽しく酔つてくれたら、そのよろこびは倍加するもののやうである。 食ひたければ食ふし、食ひたくなければ食はなくていいんだ。

御伽草子を深く読む

あの、虎の皮のふんどしをした赤つらの、さうしてぶざいくな鉄の棒みたいなものを持つた鬼が、もろもろの芸術の神であるとは、どうしても私には考へられないのである。 私には私の生きる流儀があるんですからね。

[現代版] 絵本 御伽草子|BOOK倶楽部特設サイト|講談社BOOK倶楽部

後に姫が手紙を読むと、そこには玉水の前の想いが込められていました。 試みたとたんに、あなたの運命がちやんときめられてしまふのだ。 」 「いや、さう言はれてみると、私には、少し判りさうな気がして来たよ。

6

御伽草子(小町草紙)

「私はどうも、老醜といふものがきらひでね。 客の讃辞をあてにしない。

12

[現代版] 絵本 御伽草子|BOOK倶楽部特設サイト|講談社BOOK倶楽部

しかも、自由に振舞つてよいといふ許可は与へられてゐるのだ。

14