黒澤 元治。 日本のレース創世期を戦った男。ガンさんこと黒沢元治氏が駆ったレーシングカー4選

黒澤元治

息子の黒澤琢弥さんとの親子バトルもベストモータリングならではの見どころです。

選手二名が死亡した
大事故はなぜ起きたのか? 『炎上 1974年富士・史上最大のレース事故』 (中部博 著)

「炎上」(中部博)、「」、「」• いくつかの貴重な資料を提供してくださった古くからのレースファンたちがいたので、目撃していない事故のシーンを、いまになって遠くから見たような気持ちになった。

8

「「黒沢元治 最後のメッセージ」が届きました。」気が付いたらプジョーのブログ | プラス1000rpmの物語。

とりわけ生き残ったレーシングドライバーたちの貴重な証言は、驚きと刺激にあふれ、ほんの数秒間の出来事が、長編ドキュメンタリー映像のように思えた。 土屋圭一・服部尚貴といった第一線で活躍するドライバーが、 キャスターとして登場し、容赦なく(w)車をテストするメディアでした。 として以来・を乗り継いでいる。

モータージャーナリストで車の走りの質を正確に評価できる人は誰?

続く午後の2ヒートには総勢17台が出走。 風戸は左の後部、鈴木は左の前部にぶつけられ、鈴木は時計回りに、 風戸はその逆で、左の外側ガードレールへ向けてスピンしていった。

18

黒澤元治FAN

中略 亡くなられた二人に続いて、日本のモーターレーシング界は、また一人、惜しむべき人材を失ったことになる。 しかし、この事故の責任を取らされることになった黒沢氏は、1年3ヵ月のライセンス停止処分という厳しい裁定を下され、事実上の追放ともとれる結果となってしまいました。

「「黒沢元治 最後のメッセージ」が届きました。」気が付いたらプジョーのブログ | プラス1000rpmの物語。

そのような僕の取材経験を丹念に綴った。 黒澤が自車を意図的に複数回にわたり北野車に接触させたという証言や意見がある。 その内容に、モータースポーツに疎い読者に対しても、なんとか理解が届くようにと心を砕いた、あのジャーナリストの情熱のかけらも感じとれないからだ。

2

黒澤元治とは (クロサワモトハルとは) [単語記事]

[ ]• それでは、本題です。 でチャンピオンになった他、で連続ポールポジション・日本グランプリで優勝するなどの活躍をした。 この時点では「走路妨害があったようだが確認できない」との結論。

選手二名が死亡した
大事故はなぜ起きたのか? 『炎上 1974年富士・史上最大のレース事故』 (中部博 著)

だからこそ、新聞報道には正確な事実確認が望まれる。

5