ファースト ラブ 主題 歌。 窪塚愛流が出演

Uru、主題歌「ファーストラヴ」×

2006年版」(宝島社)第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」で第1位を獲得しベストセラーとなった。 映画『ファーストラヴ』に捧げる大切な一曲です。

19

Uru 映画「ファーストラヴ」主題歌&挿入歌を収録したニューシングル「ファーストラヴ」2月10日リリース決定!|株式会社ソニー・ミュージックレーベルズのプレスリリース

現場でもUruさんの曲を編集に入れながら撮影していたのですが、登場人物の心情がより深化し、期待は確信に変わりました。 Uru アーティスト写真 ニューシングル「ファーストラヴ」は、2021年2月11日公開の映画『ファーストラヴ』の主題歌として書き下ろした楽曲で、Uru本人が作詞・作曲を担当、編曲をトオミヨウが手掛けたミドルバラード。

16

Uru 主題歌「ファーストラヴ」× 映画『ファーストラヴ』特別映像解禁!シングル全曲先行配信も決定!

「ファーストラヴ」は、メロディの切なさとUruさんの声の柔らかさや深さが包み込んでくれて、聴いていると悲しいや辛いというよりも、心が浄化され、晴れやかな気持ちになる温かい曲だと感じました。 00年堤幸彦監督がメインで演出を務めた「池袋ウエストゲートパーク」(TBS)のキング役で大ブレイク。 05年『カナリア』(塩田明彦監督)でカルト教団の元信者の少年を熱演し、第60回毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞を受賞。

窪塚愛流が出演

また同映画の挿入歌「無機質」も収録される。 2月8日からはCDリリースに先駆けて、シングル収録曲全曲が各配信・サブスクリプションサイトにて先行リリースされる事も決定した。 2曲共にUru自身が作詞作曲を手掛けた珠玉のバラードソングに仕上がっている。

7

北川景子が念願のミュージックビデオ初出演!『ファーストラヴ』主題歌MV解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS

ピアノ一本でアレンジ、Uruの透き通るようなボーカルで歌い上げたこちらの楽曲にも注目だ。 楽曲が映画の内容に寄り添ってくださっていたので、楽曲を丁寧に自分が表現できれば映画の世界観とも自然とつながって来ると思い、映画の役柄を思い出しながらもUruさんのミュージック・ビデオだという事を意識して演じました」とコメントしています。 女子大生による動機なき殺人事件の真相に迫る、主人公の公認心理師・真壁由紀 まかべ ゆき を演じる。

Uruの映画『ファーストラヴ』主題歌で北川景子がミュージックビデオに初出演

いよいよ公開が迫った映画『ファーストラヴ』とともに、Uruの2021年第1弾シングルのリリースにも注目が高まっています。 シンガーのUruが書き下ろし映画と同タイトルの楽曲「ファーストラヴ」は、映画の後日譚ともいえるアザーストーリーに仕上がり、世界観と歌詞がリンクしエモーショナルな物語に没入していくバラードに。 共演には中村倫也、芳根京子、窪塚洋介といった人気・実力ともにトップクラスの俳優陣のほか、木村佳乃、板尾創路、高岡早紀などの演技派から、清原翔、石田法嗣といった気鋭の若手まで豪華な顔ぶれが集い、迫真の演技で物語をよりリアルにエモーショナルに紡いでいく。

9

Uru、主題歌「ファーストラヴ」× 映画『ファーストラヴ』特別映像がGYAO!にて解禁、シングル全曲先行配信も決定

挿入歌の『無機質』は、この曲の持つ孤独感と温かさを映画の人物や世界観に中和しながら作りました。 (三木 あゆみ). 主な出演作に『KYOKO』(96/村上龍監督)、『femaleフィーメイル「夜の舌先」』(05/松尾スズキ監督)、『悲しき天使』(06/大森一樹監督)、『長い散歩』(06/奥田瑛二監督)、『コトバのない冬』(10/渡部篤郎監督)、『モンスター』(13/大九明子監督)、『深夜食堂』(15/松岡錠司監督)、『最低。

1