白日 king gnu 歌詞。 白日

白日 歌詞「King Gnu」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

振り返ることがあったとしても、前を見て歩いていきます。

13

King Gnu「白日」歌詞の意味(解釈)とは?罪を背負って歩くには

誰にだって罪はあるのです。

2

白日

歌の中の主人公は、無自覚に人を傷つけたという自身に対する罪悪感に囚われて生きているので、牢屋から抜け出すことのできないことと共通する部分があるように思います。 苦しい時は自分だけではないと思う方がいいかもしれません。

14

King Gnu「白日」の歌詞に込められた意味を徹底解説

並大抵の努力では、犯した罪を拭うことはできません。

【King Gnu/白日】の歌詞の意味を徹底解釈

明日がある限り、再び歩き出さなければならないのです。 時には誰かを 知らず知らずのうちに 傷つけてしまったり 失ったりして初めて 犯した罪を知る 私たちは知らず知らずのうちに、人を傷つけてしまっていることがあるのかもしれません。 作詞・作曲:Daiki Tsuneta 時には誰かを 知らず知らずのうちに 傷つけてしまったり 失ったりして初めて 犯した罪を知る 戻れないよ、昔のようには 煌めいて見えたとしても 明日へと歩き出さなきゃ 雪が降り頻ろうとも 今の僕には 何ができるの? 何になれるの? 誰かのために生きるなら 正しいことばかり 言ってらんないよな どこかの街で また出逢えたら 僕の名前を 覚えていますか? その頃にはきっと 春風が吹くだろう 真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようが へばりついて離れない 地続きの今を歩いているんだ 真っ白に全てさよなら 降りしきる雪よ 全てを包み込んでくれ 今日だけは 全てを隠してくれ もう戻れないよ、昔のようには 羨んでしまったとしても 明日へと歩き出さなきゃ 雪が降り頻ろうとも いつものように笑ってたんだ 分かり合えると思ってたんだ 曖昧なサインを見落として 途方のない間違い探し 季節を越えて また出逢えたら 君の名前を 呼んでもいいかな その頃にはきっと 春風が吹くだろう 真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようが 首の皮一枚繋がった 如何しようも無い今を 生きていくんだ 真っ白に全てさよなら 降りしきる雪よ 今だけはこの心を凍らせてくれ 全てを忘れさせてくれよ 朝目覚めたら どっかの誰かに なってやしないかな なれやしないよな 聞き流してくれ 忙しない日常の中で 歳だけを重ねた その向こう側に 待ち受けるのは 天国か地獄か いつだって人は鈍感だもの わかりゃしないんだ肚の中 それでも愛し愛され 生きて行くのが定めと知って 後悔ばかりの人生だ 取り返しのつかない過ちの 一つや二つくらい 誰にでもあるよな そんなんもんだろう うんざりするよ 真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようが へばりついて離れない 地続きの今を歩いて行くんだ 真っ白に全てさようなら 降りしきる雪よ 全てを包み込んでくれ 今日だけは 全てを隠してくれ King Gnu「白日」歌詞の意味考察 King Gnuの「白日」は、罪を犯した人がどのような思いをするのかを描いた曲です。

3

King Gnu「白日」歌詞の意味(解釈)とは?罪を背負って歩くには

明日へと歩き出すことは、ただ平坦な道を歩くように簡単なものではなく、雪道を歩くように大変なことなのだというのが伝わります。

10