戦時 中 の 暮らし。 漫画で解説:戦時下のくらしの巻

戦後75年「戦時下の暮らし・記憶のかけらを集めて」|社会|徳島ニュース|徳島新聞

空襲の標的にされないよう灯火管制が敷かれ、 空襲警報が鳴る度に人々は防空壕(ごう)に逃げ込みました。 」とおっしゃって、平和をねがったそうだ。 祖母の言葉から受け取った思いをそう表現した。

13

知ってるかな?戦中のくらし~子どもたちの一日~

このとき、政府は公益公団という物資の配給を行う団体を設立。 」とおっしゃて、各大臣達が、天皇の身の上の事を、ご心配申すと、「わが身はいかになろうとも良い。 焙烙とは土鍋の一種で、炒り鍋とも言われています。

15

戦時中の暮らしとは?悲惨な食糧難事情と戦争中の食べ物の工夫 | 備えあれ!

撮影時期 昭和18年 撮影場所 市内写真館 写真提供 村田進さん 内 容 家族写真 この年,学徒動員法が成立し,17歳未満の志願兵の採用も始まります。 せりで650円の値がつく。

6

暮しの手帖社

中学校以下の学生は戦争物資を作る工場で働くことが義務付けられ、 女性たちも竹やりで敵と戦う教練や防火訓練を強いられたそうです。 市井の人々は、なにを考え、なにを食べ、なにを着て、どんなふうに暮らし、死んでいったか、生きのびたのか。 そんな生活も次第と戦争の影が色濃くなり、そして頭上から爆弾が降り注ぐ日がやってきた。

19

戦後75年「戦時下の暮らし・記憶のかけらを集めて」|社会|徳島ニュース|徳島新聞

食料や衣服、 燃料 ねんりょう など生活に欠かせない物も自由に手に入れることができなくなり、みんな、 政府 せいふ から配られるキップを持って配給を受けるようになりました。

16

こどもたちの見た戦争 はだしのゲンとともに/戦時中の市民生活

この兵役が課せられた結果、各家庭の労働力は低下し、特に米を生産する農家は深刻な労働力不足に陥ったのです。 そして戦争の終結とともに、子どもたちのくらしは一変してしまいました。

19