メンチ メーター。 「メンチメーター」で生徒の意見が一目瞭然 オンラインで“新たな学び”取り入れる高校 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

Mentimeterを授業で使って生徒の心を掴む【ICT授業活用事例】

ここで役立つのがテキストマイニングというテキストを解析してくれるサービスです。 講義形式とZoomは相性が良くないので、リアルタイムの講義をするのであれば、 Liveあたりが候補になってくるだろう。 選択肢のなかから該当のものを選ぶ。

メンチメーターを使うと匿名で発言しやすいのはいいけど自主的な発言って意味ではどうなんだろうか|あおきしゅんたろう @ 福島県立医科大学|note

入力したら「Submit」 これで生徒がログインできました。 高校と附属中学の保護者に端末確保と家庭のネット環境整備の協力を呼びかけ、経済的に厳しい場合には、都の給付型奨学金がタブレット購入に使えることも必要に応じて伝えた。 が、ただ今回は人数は少ないけど、部分的にやっぱり使おうかなあと思っています。

19

Mentimeterを授業で使って生徒の心を掴む【ICT授業活用事例】

MentimeterやQuizizzはメニューが英語なのでちょっととっつきにくいかもしれません。 自分でやる力・コミュニケーション力・自分で思いつく力・最後までやり遂げる力をつけてください。 また、イベント、講演、説明会などでも活用できるだろう。

20

カンタンにアンケートを作成しリアルタイム集計できる「Mentimeter」

その名も,「Quizizz(クイズィーズ)」です。 ・あやとびが14回できるようになった。 今回は基本の棒グラフ[Multiple Choice]を選択。

9

カンタンにアンケートを作成しリアルタイム集計できる「Mentimeter」

(カメきち)• 「人口はどうなるだろう?」「将来なりたい職業は?」「将来必要な知識・技術・心は?」という問いについて『メンチメーター(Mentimeter)』を使って、子どもたちの意見を集約しました。 多数意見ほど文字が大きくなり、中央に表示されることです。

9

メンチメーターを使った総合的な学習

どちらにしろ、慣れが必要だ。

9

オンラインでのセミナー・ワークショップ・授業で役立つおすすめツール

一つ目は,「Mentimeter(メンチメーター)」です。

18