ベートーヴェン ピアノ ソナタ 悲愴。 ベートーヴェン「ピアノソナタ第8番(悲愴)」解説と名盤、無料楽譜

ピアノソナタ第23番 (ベートーヴェン)

Vladimir Ashkenazy ウラ ディーミル・アシュケナージ 1937年ロシア(ソ連)生まれで父方がユダヤ系、後に西側に亡命したピアニストです。

20

ベートーヴェン『ピアノソナタ』全32曲紹介【ベートーヴェンの最も身近な楽器が生み出した名曲たち】

2-1の第2主題、定石通りの変イ長調なのですが、属音保存という技法が使われ、変イ長調に聞こえません。 フォルテのタッチは大変強いですが力で押し切る鈍さはありません。 前期のベートーヴェンはハイドンの完成させたソナタ形式を受け継ぎ、ピアノソナタ自体をもっと規模の大きなものにしようと思っていました。

7

ベートーヴェン『ピアノソナタ』全32曲紹介【ベートーヴェンの最も身近な楽器が生み出した名曲たち】

カンペキなんだろうな~という感じで、ど素人には、寄りつけないほどの・・・ 完全さを感じる。 ルービンシュタインの演奏は、ひとことで言えば重みがあり、格調高いものだと言えるでしょう。

ヤマハ

で、テンポはゆったり。

5

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」 「頭のなかの♪おたまじゃくし」 ~クラシック音楽を聴いてみよう~

31番のフーガなど、ポリーニとはまた違いますが、切れ目なしに続いて行く音に私はちょっ と気後れします。

7

ヤマハ

「2つのやさしいソナタ」として出版されました。 好きな人は古今の名演奏を繰り返し聞いているでしょうから、そんな人が百名山を論じるべきです。 第17番「テンペスト」 作品31-2 作曲年:1801-1802 難易度:6(上級) 3楽章制。

7

ベートーヴェン 3大ピアノソナタ 解説と難易度

ホント、30歳前なんですよね・・・。

12

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」 「頭のなかの♪おたまじゃくし」 ~クラシック音楽を聴いてみよう~

同化してゆかない。 大木, 正興『最新名曲解説全集 第14巻 独奏曲I』、1980年。 第 二楽章は明晰です。

15

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」 「頭のなかの♪おたまじゃくし」 ~クラシック音楽を聴いてみよう~

甘めではあるのだが、渋くもあるし。 失礼ながら、強烈な個性的な演奏ではない。

13