八 月 某 月 灯り 歌詞。 ヨルシカ【八月、某、月明かり】歌詞の意味を解説!何もいらないと思うのはなぜ?「最低」と歌う理由に迫る

ヨルシカ「八月、某、月明り」歌詞の意味を解釈・考察!自暴自棄な主人公に共感する!?

28歳の時とある賞をもらい、文章が少しずつ、お金と仕事になり始めた。

20

詩書きとコーヒー 歌詞「ヨルシカ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

それでも、たった一人でいいから言ってもらいたい。 「自分の死を嘆き悲しみたい」と素直に解釈すれば、一見うまく解釈できていそうですが、主人公は曲中で外面の自分を作り上げている(エルマを失って弱っていた自分を隠している)ので、少し違和感が残ります。

【ヨルシカ/八月、某、月明かり】の歌詞の意味を徹底解釈

解釈するのが楽しみです。 そんな人間が「何者か」になんてなれるわけがない。

5

ヨルシカ 八月、某、月明かり

そんな小狡ささえ、その歌は赤裸々に暴き出した。

17

ヨルシカ【八月、某、月明かり】歌詞の意味を解説!何もいらないと思うのはなぜ?「最低」と歌う理由に迫る

何もいらない 心臓が煩かった 歩くたび息が詰まった 初めてバイトを逃げ出した 音楽も生活も、もうどうでもよかった ただ気に食わないものばかりが増えた 八月某、月明かり、自転車で飛んで 東伏見の高架橋、小平、富士見通りと商店街 夜風が鼻を擽ぐった この胸の痛みは気のせいだ わかってた わかった振りをした 最低だ 最低だ 僕の全部最低だ 君を形に残したかった 想い出になんてしてやるもんか 最低だ 最低だ 気持ちよくて仕方がないわ 最低だってこの歌詞自体が 人生、二十七で死ねるならロックンロールは僕を救った 考えるのも辞めだ! あんなに大切だった音楽も生活も全てが空っぽになって 僕の人生にただただ気にくわないものばかりが増えた。 またいなくなったことを認めたくないから 想い出になんてしてやるもんか と、投げやりに叫んでいる。

20

【この一曲】天才になれなかったすべての私たちの余生に捧ぐ--ヨルシカ“八月、某、月明かり”

けれども、「エイミー」も「エルマ」も、コンポーザーのn-bunaが込めたであろう伏線も意図も関係なく、あまりにもこれは私の曲だった。 2番 心臓が煩かった 笑うほど喉が渇いた 初めて心を売り出した 狭心もプライドも、 もうどうでもよかった 気に食わない奴にも頭を下げた ここは主人公の 価値観の変化が述べられています。

1